来店して即日融資を受ける場合、契約を行う際に必要となる書類は事前に用意しておいた方が良いです。もしも書類を用意する事が出来ないと、即日融資が受けられなくなってしまいます。

それでは来店して即日融資を受けるためにどんな書類が必要なのかをここではお話しします。

まず、必ず必要となるのは身分証明書です。身分証明書については財布などに運転免許証があればそれが身分証明書となります。

ただ、運転免許証を持っていない場合はパスポートや健康保険証などの代わりの身分証明書を用意しておく必要があります。

即日融資を受けるために来店する際に注意してほしいのは、身分証明書の住所と現住所が異なる場合です。

その場合、現住所がきちんと証明できる書類を用意する必要もあり、公共料金の明細書など名前と住所が分かる書類の提出も必要となります。

これを忘れてしまったために来店して即日融資を受ける事が出来なかったというケースもあります。

その他に必要となる場合がある書類としては収入証明書があります

これについては銀行の場合は大抵いくら以下であれば収入証明書は不要と掲載されているので、その金額に従って用意する必要があるかどうかを判断すると良いです。

一方、消費者金融の場合は総量規制によって、提出義務が50万円を超える借り入れか、他社と合わせて100万円を超える借り入れをする場合には必ず必要となり、それに合わせて収入証明書の提出を求められます。

以上が即日融資を受けるために来店する際に事前に用意しておくべき書類です。

銀行系カードローンの即日融資について

「即日融資」と言うと、消費者金融系カードローンの専売特許の様に考えている人も居ます。確かに以前はそういった状況だったこともありましたが、現在では銀行系カードローンでも多くがサービスに対応しています。

消費者金融系と比較すると銀行系カードローンの方が金利や融資上限の点でメリットが期待できるため、可能であれば銀行系カードローンを優先して利用した方が賢明です。

ただし、融資基準が消費者金融系よりも高く設定されていることが多く、尚且つ「即日融資の条件が厳しい」可能性も高くなります。

例えば、消費者金融系の場合は「契約時に必要な準備が少ない」という特徴があります。今現在は収入証明書の提出頻度が高くなった分だけ手間も増えましたが、必ず提出が必要になると言う訳ではありません。

特に収入証明書の提出が必要ない状況であれば、本人確認のために身分証明書を準備するだけで契約することも出来ます。

これ自体は銀行系でも同じような状況で、むしろこちらの方が「収入証明書の提出が必要になる条件が緩い」という特長があります。

しかし、銀行系の場合は「事前に口座開設が必要」「利用出来る地域が限定される」と言った制限があることが多くなるため、あらかじめそれらの点をしっかりと確認することが必要です。

もし、条件を満たしていない状態で申し込みをしてしまうと、せっかく契約することが出来ても即日融資を受けられなくなってしまう可能性があります。